怪文庫

怪文庫では都市伝説やオカルトをテーマにした様々な「体験談」を掲載致しております。聞いたことがない都市伝説、実話怪談、ヒトコワ話など、様々な怪談奇談を毎週更新致しております。すぐに読める短編、読みやすい長編が多数ございますのでお気軽にご覧ください。

怪文庫

都心の地下にあるもの

都市伝説やオカルトに詳しい人なら、東京の都心に謎の地下空洞があるという話は聞いたことがあると思う。 地下鉄の通らない都心の地下深く、皇居の真下に誰も知らない地下鉄が走っているという話だ。 後になってその話の真相は、皇居の人たちが避難する専用…

黒魔術プログラム

学校でまだパソコンが導入されたばかりだったころの話です。 私がいた高校でもパソコンの授業がはじまりました。 そのころはIT革命といわれていて、どの業界でもパソコンの導入が急がれていた時期です。 私の学校では、真新しい部活動としてPC研究会が発足し…

狂気憑依

おはようございます。おはようございます。おはようございます。 朝いちばんに会社へ行くと、同僚の原田が、いつものように、課長席に向かって三回続けて挨拶をする。 それから自分の席へ行き、おはようございますおはようございます。と、二回唱える。 する…

戦争が残した恐怖遺産

私の父親は5年前に他界している。 死ぬ数年前ぐらいから認知症を発症し、最後は私のことも分からなくなっていた。 父親はヘビースモーカーだったせいか、直接の死因は肺がんだった。 99歳まで生き、長寿を全うしている。 そんな父親の息子である私は、昭和二…

M先生

多くの学校には、学校の七不思議があります。 七つの怪談をひとりずつ語り終わったときに、ほんとうの怪奇現象がおこる、というものです。 私が通っていた小学校にも、そのような話がありましたが、中学校は、そうではありませんでした。 いちおう、中学に進…

押してはいけない

私の住んでいるアパートから徒歩3分ほどのところに、自動販売機スポットがある。 そこは広さ20畳くらいのスペースで、20台以上の様々な自動販売機が置かれている。 一番多いのはジュース類の自動販売機だが、カップラーメンなどの自動販売機もある。 国道沿…

お盆の時期の墓参り

これは、私がまだ高校生の時の出来事です。 その日はとても蒸し暑い日でした。 私は両親、兄2人と私のごく普通の5人家族の末っ子です。 お盆ということもあり家族で父方の祖父母の家に行きご先祖様のお墓参りに向かいました。 祖父母の家で父方の姉夫婦の…

異世界と現実の間

私はある山深い田舎の村に住む、女子中学生です。 小学校と中学校が一緒になっていて、全校生徒が5人しかいないような学校です。 私は田舎の閉鎖的なところが嫌いだったので、高校はぜったい都会にいくんだ、そして刺激的なことをいっぱいしよう、と考えてい…

クマのぬいぐるみ

これは20年以上前の話なのだけど、私は3歳の時クマのぬいぐるみをおばあちゃんからもらった。 なんかリサイクルショップで買ったって言ってた気がする。 その時の私の体格にたいして、そのクマのぬいぐるみはとてもサイズ感があっていたし、もふもふして…

水浸しの女性

大学生の娘の帰りが遅くなると、駅に車で迎えに行きます。 その日も夜11時を過ぎたので駅まで迎えに行き、ロータリーに車を路駐して娘が来るのを待っていました。 私のすぐ後ろに路駐している車から女性の大きな声が聞こえたので気になってミラー越しに後…