怪文庫

怪文庫では、様々な怪談奇談を掲載致しております。

怪文庫

濡れた黒い影

俺が高校生のころ、夏休みで父親の実家がある田舎に行った。

 

俺としては、山ばかりの田舎に興味はなかったし、自宅で漫画読んだりゲームしたりして過ごしたかった。

 

でも「行かない」なんて選択肢は用意してもらえず、しかたなく俺は両親について行くことになった。

 

久しぶりに会う祖父母は俺らを歓迎してくれた。スイカとか冷えたジュースとか出してくれた。

 

セミの声がうるさくて、風鈴なんかじゃ涼めないくらい暑かった。

 

祖父母の家にきてしばらくした時、近所にある田舎唯一のスーパー(というか売店みたいなもの)に来た。

 

アイスでも買おうと思ったのだ。じいちゃんはアイスが10本は買えそうな金額を寄越してくれた。

 

アイスを選んで店を出たら、全身真っ黒でびしょ濡れの人がいた。

 

あまりに普通にいるから、一瞬そのままとおりすぎそうになった。でも道を歩いてる婆さんも、ベンチで話してるじいさんも、誰もこの黒い人を見ていなかった。

 

見ないふりをしているというより、気づいていないようだった。

 

「まだか、まだか」

 

「ここにいる、ここにいるぞ」

 

「見捨てるのか」

 

その黒い人は低い声でぶつぶつ呟いている。

 

やばい人なのかなと思って、俺は見ないふりをして祖父母の家に帰った。

 

その人の話をすると、じいちゃんは表情をこわばらせた。

 

「目を合わせたのか」と聞くので「合わせてない」と答えると、そうかと言って、父さんに「あした帰れ」と言っていた。

 

なんでそんなこと言うのかわからなかったけれど、自宅に帰れるのは嬉しかったのでその言葉にしたがった。

 

数年後、じいちゃんたちがすむ地域で地盤沈下があった。

 

なんでも昔つかっていた炭坑が崩れてしまったらしかった。

 

しかしこれが話題になったのは地盤沈下のせいではなく、その崩れた土の中からたくさんの人骨が出てきたからだった。

 

どういうことだろうと思って父さんに聞くと、「小さい頃聞いた噂」といって教えてくれた。

 

どうやらあの地域は昔炭坑の町だったらしい。地域の男はほとんど炭坑夫だったようだ。

 

ある日、炭坑内で火災が発生した。

 

出入り口付近にいた人はすぐに脱出したが、中にはまだ多くの男が残ったままだった。

 

地域の人は、これ以上火災が広がってはたまらない、と、中にまだ人がいるにも関わらず、大量に水を流し込んで消火した。

 

もちろん、中にいたはずの男たちは誰も戻ってこなかったらしい。

 

きっと見つかった人骨はその男たちのものだろうという噂だった。

 

もしかして、あの時見た黒い人は、その炭坑夫の魂だったのかもしれない。

 

著者/著作:怪文庫【公式】(Twitter