怪文庫

怪文庫では、様々な怪談奇談を掲載致しております。

怪文庫

呪いの箱

我が家の蔵には一つの「筒」がある。正確にいうと筒状の箱である。

 

祖母曰く「呪いの箱」なのだそうだ。

 

それを初めて見たのは私が、まだ5歳くらいのときだ。アニメか何かの影響だったのだろう私は「探険」にハマり、「探険ごっこ」と称して、よく家の中で遊んでいた。

 

その時も蔵で「探険」して遊んでいたのだが、蔵の奥にしまわれていたその「筒」を私は見つけた。

 

私はその「筒」を持って、祖母のところに行くと、普段は優しい祖母が、

 

「お前はなんてものを持って来たんだ!」

 

と酷く恐ろしい形相で私の手から奪い取ったのだ。

 

その時の祖母の恐ろしい顔は今でも覚えている。

 

祖母は、私がもう少し大きくなってから、その「筒」について教えてくれた。

 

それは祖母の子供の頃の話だ。

 

その「筒」が欲しいと祖母の父、私の曽祖父を訪ねて来た人がいた。

 

曽祖父は必死に断ったが、結局その人に根負けしてその「筒」を譲る事に決めたそうだ。

 

曽祖父はその人に

 

「これは「呪いの箱」です。決して開けないでください」

 

と言って渡していたらしい。

 

しかし、「筒」はその人の非業の死の報せとともに戻って来たのだそうだ。

 

曽祖父はその報せを聞いた時、

 

「ああ、開けてしまったのか」

 

と悲しそうに呟いていたそうだ。

 

祖母は真剣な顔で、

 

「これは本当に「呪いの箱」だから、お前は決して開けてはいけないよ」

 

と私に言い含めた。

 

あれから何年も経った。祖母も亡くなり、「筒」はまだ蔵にある。

 

けれど、私はその「筒」を開けようとは思わない。

 

著者/著作:怪文庫【公式】(Twitter