怪文庫

怪文庫では、様々な怪談奇談を掲載致しております。

怪文庫

トンネルに現れる女

全国にたくさんあるトンネルですが、私が住む沖縄県にも、トンネルがたくさんあります。


沖縄県にあるトンネルは、ほかの地域のトンネルとは違い、距離が短いトンネルが多いのですが、その中の一つに、私がいつも通るトンネルがあります。


そのトンネルは、地元の人はよく使うトンネルなのですが、夜9時を過ぎるとだれ一人通らなくなるのです。


今日は、そこで起こったことをお話したいと思います。

 

私の仕事は、タクシーの乗務員で、夜勤専属で業務をしています。


業務時間は、夕方の5時から次の日の朝5時までなのですが、その時間のお客さんは、大体が飲み屋に勤める女性や酔っ払いが多く、昼勤に比べると、体力を消耗します。


その日も、いつも通り、夕方の5時から勤務していたのですが、なかなかお客さんが見つかりませんでした。


「おかしいなぁ…。いつもだったら、この時間になると、必ず乗るお客さんがいるんだけどなぁ」


いつもだったら、飲み屋に出勤する女性が予約の電話をしてくる時間でした。


その女性は、毎日私のタクシーを使ってくれる常連のお客さんだったのですが、なぜか電話がかかってきません。


「ほかの乗務員に乗り換えられたか?まいったな…」


その女性は、かなり金払いが良く、私の売り上げに貢献してくれている一人だったのです。


「まぁ、いつもと同じ時間にかかってくるとは限らないし、気長に待ちますか」


そう思い、タクシーを走らせていると、通りで手を挙げている男性が目につきました。


「お客さん、どちらまで?」


「〇〇市までお願いしたいんですけど…」


「…わかりました。ドアを閉めますので、注意してください」


私は内心焦っていました。


なぜかと言うと、その男性が言った〇〇市に行くには、通常で行くと、時間がかかるのです。


時刻は夜の8時50分。


あの女性が電話してきても、受けることが出来ません。


常連をないがしろにしてしまうかもしれないのです。


私は、トンネルを通れば近道になることに気づきました。


トンネルを通ることを告げると、青ざめた顔をした後、男性がこう言ったのです。


「すいません。そのトンネル、ゆっくり走ってもらえますか…」


「えっ…。はい」


「お願いします」


私は断ることもできず、男性に言われるがまま、ゆっくりと走りました。


しばらく走ると、トンネルの中間あたりに差し掛かりました。


男性が気にしている様子で、外を眺めています。


「あの、どうかしました?」


すると、男性は、


「えっ‼…いいえ、何でもないです」


かなり焦っている様子でした。


私が外を見ると、そこには、血だらけで倒れている女性がいました。


驚いた私は、タクシーを止め、女性に走り寄りましたが、女性の顔を見て、驚きました。


なんと、いつも電話してくる女性だったのです。


どう見ても、もう亡くなっていました。


「やっと死んでくれたか…」


後ろのほうで声が聞こえました。


振り返ると、お客さんの男性でした。


よく見ると、手には血が付いているではありませんか。


女性は、男性に刺され殺されたようでした。


怖くなった私は、タクシーに飛び乗り、男性を置いたまま走り出しました。


その後、近くの警察署に出頭した男性は、飲み屋で知り合った女性を好きになり、女性がほかの客と仲良くしていることに腹を立て、刺したと言っていたようです。


それから、そのトンネルでは、夜9時になると、その女性の霊が現れるようになりました。


助けを求めて、走っている車に近寄ってくるそうです…。

 

著者/著作:怪文庫【公式】(Twitter