怪文庫

怪文庫では、様々な怪談奇談を掲載致しております。

怪文庫

灰色の文字

私は平凡な会社員。


特別な趣味はないが、唯一、続けている趣味がある。

 

それは、ブログを読むことだ。


芸能人や有名人のブログもたまには見るが、多くは一般の人のブログだ。

 

その時、悩んでいたり関心があることについて、書いてあるブログを探して、ただただ読む。


上司のパワハラに悩んでいた時は、ブログから対処法を学び、その通りにやってみたら、上司を異動させることに成功した。


ダイエットをしたい時には、ジムなど行かずに、ブログで筋トレ法を知り、ブログに励まされて、痩せることができた。

 

このように、ブログをかなり活用している私だが、ここ数年、あることに気がついた。

 

ごく稀に、本文の文字が黒ではなく、灰色に表示されるブログがあるのだ。

 

ブログの運営サイトによって、文字色が自由に変えられるので、はじめはそのせいかと、思っていた。

 

しかし、ここ数年は、文字色は変えられないN社のブログばかりを読んでいるのに、たまに灰色の文字のブログは出現した。

 

どうでもいいことだと思いながらも気になり、N社の運営に「文字の色は変えられるのですか?」と、本当は見るだけで書かないのだが、便宜上ブログを書いているかのように質問を送った。

 

すると、


「当社ではシンプルで読みやすい仕様を旨としているため、文字の色は黒色で変更することはできません。文字の大きさは、ご利用者さまの見やすさに合わせて、変更可能です」


という返答が来たのだ。

 

つまり、文字の色が、私にだけ灰色に見えているということになる。

 

念のため、ネット上の簡易テストで、自分の色覚に異常がないことも確認した。

 

これは、超常現象なのかもしれない。


子どもの頃に心霊写真やUFOが好きだった血が騒ぎ、どんな場合にブログの文字が灰色に見えるのかを洗い出すことにした。

 

しかし、これまでに記憶にある灰色文字のブログの執筆者は、年齢も性別もまちまちで傾向がつかめなかった。

 

そもそも、ブログは執筆者の性別はなんとか分かっても、年齢は伏せられていることも多い。

 

そこで、ふだんは読まない有名人のブログから灰色文字のものを探ることにした。

 

有名人の方が素性がわかっているから、傾向がつかめるはずだ。

 

すると、ほどなく謎が解けた。


灰色文字に見えるブログの主は「亡くなっている」のだ。

 

一般人のブログに戻り、灰色文字のブログを読み返す。

 

亡くなったことが、最新記事に家族により記されているブログもあれば、まったくその記載がなく何年も放置されたブログもあった。

 

今度は、有名人のブログで、近年亡くなった人のブログをピンポイントで読んでみる。

 

すると、やはりすべてが灰色に見えたのだ。

 

ここまで来て、他の人には灰色文字がどう見えるかを確かめなければ、と気づいた。

 

一人暮らしで友人が少ない私は、会社で同僚にスマホ画面の文字を見せて「何色に見える?」と聞いた。

 

同僚からは「黒だよ」と答えると同時に案の定、「なんで?」と聞かれてしまった。

 

最近文字が見えにくくて、とごまかし、老眼認定されたが、そんなことはどうでもいいほど、やはり自分だけに灰色に見えている事実に興奮した。

 

その後も、文字が灰色に見えるブログについて、夢中になって調べるうちに、本当にその人が亡くなるよりも前から文字が灰色に変わることがわかったのだ。

 

これまでのデータによれば、死の3日前から文字は灰色に変わる。

 

このことを応用すれば、私は、自分や家族の死を早めに知ることができるのだ。

 

文字色は、過去に出したブログもすべて変わるので、一度ブログを立ち上げて適当な記事をアップすれば、死期を知るツールになる。

 

私は自分の死期を知ることができる能力を持ったのだ。

 

そして、あれだけの他人のブログを読んでいたのに、初めて自分のブログを書くことにした。

 

見たくない時には放置して見なければいいのだから、大きな病気になった時などには、参考になるだろうと思った。

 

そして、思いがけず、奈落の底につき落とされてしまった。

 

私がアップした私のブログは「灰色の文字」だったのだ。

 

著者/著作:怪文庫【公式】(Twitter