怪文庫

怪文庫では、多数の怖い話や不思議な話を掲載致しております。また怪文庫では随時「怖い話」を募集致しております。洒落にならない怖い話や呪いや呪物に関する話など、背筋が凍るような物語をほぼ毎日更新致しております。すぐに読める短編、読みやすい長編が多数ございますのでお気軽にご覧ください。

怪文庫

くねくね

わたしの弟から聞いた本当の話です。

 

弟の友達のA君の実体験だそうです。

 

A君が、子供の頃A君のお兄さんとお母さんの田舎へ遊びに行きました。

 

外は、晴れていて田んぼが緑に生い茂っている頃でした。

 

せっかくの良い天気なのに、なぜか2人は外で遊ぶ気がしなくて、家の中で遊んでいました。

 

ふと、お兄さんが立ち上がり窓のところへ行きました。

 

A君も続いて、窓へ進みました。

 

お兄さんの視線の方向を追いかけてみると、人が見えました。

 

真っ白な服を着た人、(男なのか女なのか、その窓からの距離ではよく分からなかったそうです)が1人立っています。

 

(あんな所で何をしているのかな)

 

と思い、続けて見るとその白い服の人は、くねくねと動き始めました。

 

(踊りかな?)

 

そう思ったのもつかの間、その白い人は不自然な方向に体を曲げるのです。

 

 

とても、人間とは思えない間接の曲げ方をするそうです。

 

くねくねくねくねと。

 

A君は、気味が悪くなり、お兄さんに話しかけました。

 

「ねえ。あれ、何だろ?お兄ちゃん、見える?」

 

すると、お兄さんも「分からない。」と答えたそうです。

 

ですが、答えた直後、お兄さんはあの白い人が何なのか、分かったようです。

 

「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」とA君が、聞いたのですが、お兄さんは「分かった。でも、分からない方がいい。」と、答えてくれませんでした。

 

あれは、一体なんだったのでしょうか?

 

今でも、A君は、分からないそうです。

 

「お兄さんに、もう一度聞けばいいじゃない?」と、私は弟に言ってみました。

 

これだけでは、私も何だか消化不良ですから。

 

すると、弟がこう言ったのです。

 

「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ。」

 

著者/著作:旧2ch掲示板(出典)