怪文庫

怪文庫では、多数の怖い話や不思議な話を掲載致しております。また怪文庫では随時「怖い話」を募集致しております。洒落にならない怖い話や呪いや呪物に関する話など、背筋が凍るような物語をほぼ毎日更新致しております。すぐに読める短編、読みやすい長編が多数ございますのでお気軽にご覧ください。

怪文庫

神様やってる

うちの母方の実家が熊本県にあるんですけど、ずっと実家に住んでいる母のお姉さんが、先日遊びにきました。

 

ちょうど『ターミネーター2』がやっていて、皆で見ていたんです。

 

その中のシーンで、核が落ちた瞬間かなんかの想像のシーンで、遊んでいた子供達が焼けちゃうシーンありましたよね。

 

あれ見ながら、「瞬間で皮とかもズルっといっちゃうんだね、コエ~」とか話していたら、おばちゃんがテレビ見ながらさりげなく、とんでもないことを言い出しました。

 

おばちゃんの長女がこの前双子を生みました。

 

すごく華奢な娘さんだったんで、すごい難産だったそうです。

 

2ヶ月前から入院して、もう母体も危ないので、予定よりも早く帝王切開で生んだそうです。

 

今でこそ母子ともに元気ですが、そのころおばちゃんは初孫と言うこともあって、心配で心配で夜も眠れなかったそうです。

 

ある日、病院から帰って家にいると、電話がかかって来ました。相手は幼馴染でした。

 

昔は家も近かったのですが、その人は引っ越していってしまったそうです。

 

それでもとても仲がよかったので、ずっと連絡は取り合っていました。

 

ところがここ10年ほど、ぱったり連絡が取れなくなってしまったそうです。

 

娘さんのことで疲れていたおばさんは、思いがけない懐かしい人からの電話で、本当にうれしかったそうです。

 

早速、近況などを報告し合おうとすると、その人は想像もしなかったことを言い出しました。

 

 

『Kちゃん(おばさんの名前)、私ね、今神様やってるのよ。たくさんの人たちを救ってあげてるの。Kちゃんも困ったことがあったらいつでも電話して。助けられると思うわ』

 

昔のままの非常に明るく感じのよい声で、彼女はこんなことを言いました。

 

あまりにも普通に言われたので、おばさんは「ああ、そう・・・」としか言えなかったそうです。

 

しかしその夜、自分の娘と生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、おばさんも疲れていたのでしょう、そんなとんでもない電話さえ、「ひょっとしたら、これもなにかの縁かもしれない。明日頼んでみよう」と思ったそうです。

 

なにかすがるものができたせいか、おばさんはその夜、久しぶりに眠りに落ちました。

 

夢の中に娘と、まだ子供の頃のままの幼馴染が出てきました。

 

娘もなぜか妊娠しておらず、3人で仲良く遊んでいる夢でした。

 

幼馴染もニコニコしていて、お花畑のような所で、すごく幸せな夢です。

 

マリのようなもので遊んでいました。

 

おばさんにマリが飛んできました。おばさんは胸で受け止めました。

 

するとそのマリの中から皮がずるっとむけるように、大きな溶けかかった幼虫のようなものが出てくるではありませんか。

 

思わずおばさんは悲鳴を上げました。

 

誰かに投げようにも、そこは母親。とっさに娘より幼馴染のほうを見ました。投げようとしても、幼虫のようなものは絡み付いて離れません。

 

それを見て幼馴染は、ケラケラと狂ったように笑います。

 

その目は全部黒目で、穴が開いてるようです。幼虫の鳴き声と、幼馴染の幼い子供の笑い声が響くように重なります。

 

おばさんは飛び起きました。全身汗でびっしょりです。

 

「その時ね、私思ったのよ。あの幼虫はね、赤ちゃんだって。どうしてか分からない。人間の姿なんてもちろんしてなかったし、泣き声は獣のようだった。でもね、絶対赤ちゃんだと思ったの。すごく不吉に感じて、その後せっかく連絡してきてくれた幼馴染に、怖くて連絡できなかったの」

 

その後、何とか無事に子供は生まれ、そんな電話があったことも忘れていました。

 

そしてある日、何気なくつけたTVのワイドショーに、その幼馴染の名前と、夢とはかけ離れた年老いた女性の顔が映し出されたそうです。

 

少し前にありましたよね。

 

怪しげな新興宗教を信じて、死んでしまった我が子の皮をはいだら生き返ると言われ、その通りにしてしまった若い夫婦。

 

その夫婦が信じていた神様こそが、おばさんの幼馴染だったそうです。

 

その幼馴染は何不自由ない家庭環境にいたはずなのに、おばさんの知らない10年の間に何があったのでしょう。

 

おばさんは怖いというよりも、みていて涙が止まらなかったそうです。

 

もし彼女に相談していたら・・

 

著者/著作:旧2ch掲示板(出典)