怪文庫

怪文庫では、様々な怪談奇談を掲載致しております。

怪文庫

注連縄の先

これは私が体験した不思議な出来事です。


ひと晩経った今でもこれが夢だったのか、現実だったのか分かりません。


昨日の朝、私は犬のポチを連れて、家の裏手の神社に散歩に行きました。

 

長い階段を上り、神社の境内を一周して帰って来るのが、朝の日課です。


神社には弓道場があり、朝、弓の練習をしている人がいたり、ジョギングをする人や、私と同じように犬の散歩をする人の姿があるのですが、昨日の朝は誰にも会いませんでした。


神社の境内はしんと静まり返っていました。


いつものように神社を一周して帰ろうとすると、ポチがリードを引っ張りました。

 

神社の裏手の林の中に入って行こうとします。


こんなことは初めてでした。


ポチは柴犬で、リードを引く力はさほど強くないのですが、昨日は何となくポチの好きにさせてやろおうという気になって、一緒に林の中へと入りました。


林の中には細い道があり、反対側にある広い道路へと抜けるはずです。


しかし、どこまで行っても道路へは出ませんでした。

 

あれっおかしいなと思いつつ、ポチにリードを引かれるままに私は歩いて行きました。


2、3分ほど歩いた所で、開けた場所に出ました。

 

その奥には朽ちた民家が立ち並んでいます。廃村。まさにそんな感じの場所です。


こんな所あったんだ、と思いました。不思議と怖さは感じず、寂しい気持ちになりました。


ポチは先へ先へと私を駆り立てます。

 

ポチについて歩いていると、朽ちた民家の先に、やはり朽ちてボロボロになった祠がありました。

 

祠にはお札が貼ってあります。


こういうの、剥がすと呪われるんだよね。と思いながら、祠の前で立ち止まりました。

 

民家はそこで終わり、奥には注連縄で封鎖された林道が続いています。


私は探検家になったような気になって、廃村を見て回りました。


どの建物も、人間が住むには少し小さく、古びて朽ちていましたが、ちゃんと家の形をしていました。


家の玄関にも、祠に貼られていたのと同じお札が貼ってあります。

 

目の前の家にも、その隣の家にも。


私はそこで初めて、不気味な気分になりました。


「ポチ、帰ろう」


あまり長くここにいてはいけない。本能がそう告げていました。

 

しかし、ポチは祠の先、注連縄で封鎖された林道へと私を引っ張ってゆきます。


「ポチ、だめ。帰るよ」


いくらリードを引っ張っても、ポチは注連縄の先へ行こうとします。

 

私はついカッとなって、リードを手放しました。


「もう知らない。勝手に行けば。私は帰る」


リードを離されたポチは一目散に注連縄を飛び越え、林道の奥へと消えてゆきました。


残された私は、急に寒気を感じて、慌てて元来た道を戻りました。


どれだけ走ったか分かりません。

 

とても短い間にも感じられますし、長い間にも感じられました。


気が付くと、神社の境内に出ていました。

 

しばらく待ってみましたが、ポチは帰ってきません。


意を決して、さっき入った林の中へと入っていくと、ほんの数分で見慣れた広い道路へと出ました。


ポチはまだ帰ってきません。


あの廃村と祠は何だったのか。


あの時、ポチといっしょに注連縄の先へと行っていたら、自分はどうなっていたのか。


考えても分かりません。


ただ、あれが夢でない証拠に、我が家には空の犬小屋が残されています。

 

著者/著作:怪文庫【公式】(Twitter