怪文庫

怪文庫では都市伝説やオカルトをテーマにした様々な「体験談」を掲載致しております。聞いたことがない都市伝説、実話怪談、ヒトコワ話など、様々な怪談奇談を毎週更新致しております。すぐに読める短編、読みやすい長編が多数ございますのでお気軽にご覧ください。

怪文庫

違う世界の私

元々スピリチュアルなことに興味があり、本を読んだりネットで調べたりすることが好きでした。

 

調べている内にたどり着いたのが、過去の書き換えです。

 

つらい過去を経験した人が、そんな過去は無いように振る舞っていたら、本当に無くなってしまったという話。

 

どうせ嘘でしょ?と思いつつ、興味を持ちました。

 

私には、どうしても変えたい過去があったからです。

 

学生時代にお付き合いをしていた彼氏と、私が振る形でお別れをしました。

 

理由は親の仕事で引っ越しをするから、というもの。

 

彼は遠距離恋愛でも良いと言ってくれたのですが「正直もう飽きたから」と冷たく突き放しました。

 

当時親の借金で夜逃げをすることになり、私はいかがわしい仕事をさせられることが決まっていたからです。

 

それからの人生は本当に地獄で、なぜ生きているのかもわからないくらいでした。

 

その後、彼は結婚。

 

幸せに生きていてくれれば良いと思っていましたが、結婚した女性がヒステリックな人で、彼は精神を病み、離婚した後ずっと実家で引きこもっていました。

 

もし、私が別れていなかったら、お付き合いが続いていたかもしれない。

 

そうしたら、つらい思いはさせたけど、今とは違った未来があったかもしれない。

 

そう思い、ひたすら彼との幸せな人生をイメージしました。

 

親の借金がなぜかなくなって、私はそのまま彼と一緒で。喧嘩もたくさんするけど、二人で進学して、就職。平凡かもしれないけれど、平凡な人生がどれだけ幸せなことなのか、私たちはわかっている…

 

毎日毎日イメージして、このイメージすらうらやましくて泣きました。

 

しかし、段々とただの想像ではなく、なんだか本当に幸せな人生を送ってきたような感覚になってきていた。

 

そんなある日の朝、明らかに何かが違っていました。

 

いつもの自分の部屋よりも、綺麗な感覚があったのです。

 

鏡を見ると、なぜか気になっていた肌荒れも良くなっていて、そしてスマホを見ると、友人から彼が会いたがっているというラインが入っていました。

 

私は、この時点で引き寄せの法則が発動したんだ!と思っていました。

 

しかし実際に彼に会ってみると、なんだか幸せそう。

 

さらには「え、俺結婚してないよ?何、そろそろ結婚したいの?」と言われてびっくり。

 

そして何故か私たちは高校を卒業後、大学で喧嘩をして別れたことになっていました。

 

さらには私は高校中退ですが、大学を卒業した事になっていました。

 

 

冗談と思われるかもしれないですが、違う世界線に来ているようなのです。

 

正直記憶は全くなく、あ、あぁそうか、くらいの感覚で、少しずつ思い出すような感覚があります。

 

そして、この世界では彼は私と喧嘩別れをしたことをずっと後悔していた。

 

私にブロックされて辛かった。

 

もう一度やり直したいと言ってくれたんです。

 

私はブロックどころか、彼のラインだって知らなかったはずなのに。

 

だって、高校を中退し、引っ越してから会っていないんですから…。

 

完全に、私の考えていた想像通り…ではありませんが、似た世界に来たのだと思います。

 

ハッキリと、パラレルワールドだと確信できました。

 

すごくうれしかったけれど、同時に頭がキーンと冷えるというか、ゾッとするというか…

 

今は夫となり、子宝にも恵まれています。

 

両親も優しく、私にはいかがわしい仕事をしていた過去もありません。

 

何がどうなって、パラレルワールドに来たのかわかりません。

 

しかしただ言えることは、私と同じような経験をしている人は、ネットを探すと他にも見つかるということです。

 

著者/著作:怪文庫【公式】(Twitter